« 蔵人から | トップページ | わたしの話し »

2011/12/21

『死ぬことと見つけたり』

1324429312938.jpg

2011年12月21日、読了。

終わってしまった… ついに隆慶一郎の作品を、全て読み終えてしまった。

隆さんが描く人物たちは、どれもすごく魅力的だった。
歴史が苦手な私にとって、時代小説を読むことは、ある意味賭けだ。
史実だけを追い求めれば、たぶん1ページも先には進めない。
かと言って史実を曲げた空想だけでは、たぶん面白くないだろう。

現在までに残された断片的な資料をつなぎ合わせ、
過去に生きていた人々を再び生き返らせる。
こういうのロマンっていうんだろうな。

この作品の主人公は、佐賀鍋島藩の浪人・斎藤杢之助。
潔くて、とっても強くて、抜けるように清々しい。
弱いものには優しくて、自分の信じる正義を生命を掛けて貫く。
ゆるいようで、熱い!
かっこよすぎです。まったく!

この作品を仕上げることなく、隆さんは他界してしまった。
物語の最後は、編集部の方々が隆さんのメモをつなぎ合わせ、
ストーリーと結末だけを教えてくれる。
ずっと読んでいたくて、
物語の中に浸っていたくて、
最後まで読むのが惜しかった。

 

|

« 蔵人から | トップページ | わたしの話し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526274/53533545

この記事へのトラックバック一覧です: 『死ぬことと見つけたり』:

« 蔵人から | トップページ | わたしの話し »