« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/31

Thailand-お釈迦様の足の裏

さわでぃ~か~。

バンコクでの観光名所の定番といえば、ズバリ仏教寺院!
市内には、たくさんの寺院がある。
しかも、結構いろいろなところに点在しており、
サクサク見て廻ろうと思っても時間がかかる。
また、
有名な寺院は、さすがに規模も大きく、
じっくり見ていたら、1~2時間なんてあっという間だ。
なにはともあれ、
さっそく有名どころへ行ってみた!


☆☆☆ ワット・ポー ☆☆☆

アユタヤ時代の創建と伝わるバンコク最古の寺院。
巨大寝釈迦仏とタイ式マッサージの総本山として名高い。

Watpho1
これがウワサのお釈迦様up
全身は黄金色で、半眼で肩肘ついて横になっている。
そして、ちょっとニヒルな口元・・・。

Watpho2

で、全長はドドーンっと、46m ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
1832年にラマ3世が建立したとか。
超リラックスムード全開のこの姿は、涅槃に入る直前なんだって。

Watpho3

で、これが足の裏foot
幅5m、高さ3mの、扁平足!
真珠貝を使って描かれた108の絵は、
バラモン教から生まれた仏教の宇宙観を表現しているんだって。

この他にも、
もちろん本堂には、ちゃんと座った状態の本尊が納められていたり、
初期の王様の遺骨を納めた仏塔なんかがある。

観光名所なだけあって、すごい賑わい。
写真を撮るのも順番待ち状態だったが、
さすがに凄い!

仏堂(仏像を納めてある建物)は、
内外関係なく、天井から壁、扉、床の全てに細かい細工や絵が描かれていて、
本当に凄かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/30

森林セラピーとメンタルヘルス

学生時代からの友人と、勤めていたときに知り合った友人がタックを組むことになった!


11月5日に山口県で、森林セラピーとメンタルヘルスをテーマにしたイベントが開催される。
講師を務める小野なぎささんは、学生時代から森林セラピーについて研究してきた。
このイベントを主催するレディースネットワーク・21(LN21、http://www.ln21.jp/)は、
全国の都道府県の女性林業職員で構成された団体だ。
内容は、
現代社会に生きる私たちが、ストレスや不安と向き合って、
どう人生をハッピーにし、充実したものにするか、
森林の癒し効果がどう活用できるのかなどを紹介。
実際に森林に入り、体感することで理解を深める。
参加費、問い合わせ先は、下downの案内を見てちょ~だい。

きっと、きっと、おもしろいイベントになるはずっっっ
(◎´∀`)ノ
あ、なんだか久しぶりにこういう文章書いちゃった((w´ω`w))ウフ

お近くにお住いの方、興味のある方は、ぜひっっっっ!


diamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamond

「森林セラピーによるメンタルヘルスケア」
~全国女性森林フォーラムinやまぐち~

■主催
 豊かな森林づくりのためのレディースネットワーク・21(LN21)

■後援
 林野庁(予定)、山口県(予定)、山口市、(一社)全国林業改良普及協会

■開催日時
 平成23年11月5日(土)10~14時半

■開催場所
 山口県山口市徳地 森林セラピー基地

■内容
①講演「メンタルヘルスと森の癒し効果」
 講師:小野 なぎさ氏(産業カウンセラー、森林セラピスト)
 都内企業と森林セラピー基地を結び付けるコンサルタント業務に従事され、
 現在は都内のクリニックでカウンセラーとして勤務されています。

②森林散策
 森林セラピー基地の愛鳥林エリアを散策します。
 途中で癒しの森弁当を食べつつ、ゆったりとした行程とする予定です。

■参加費:1,000円/人
 お弁当と飲み物など

■申込
 平成23年10月26日(水)までに事務局(山口県森林整備課内)
 TEL:083-933-3485

■募集人数
 50名程度(先着)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『僕僕先生 先生の隠しごと』

20110830book
2011年8月30日、読了。

大好きな僕僕先生シリーズの最新作が出ていた!
だいぶん話が進んできたので、過去の記憶を思い出しながら読み進める。

この前に「影武者徳川家康」を読んでいたからだろうか・・・、
あっという間に読み終わってしまった!

物語の軽快さ、意外に深い内容も絶妙ですね。
可愛らしいキャラクターも好きです。

読書の秋へと導く、素敵な1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/29

『影武者徳川家康』

20110829book

2011年8月29日 読了!
『影武者徳川家康』 作者・隆慶一郎

面白すぎます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Thailand-魚と角質

さわでぃ~か~。

ドクター・フィッシュというのをご存じだろうか?
身体の角質を、魚たちがパクパクと食べてくれるというアレだ。
パタヤの街角でも、あちこちで水槽が目に付く。

このドクター・フィッシュは、全長約10cm。
西アジアの河川域に生息する淡水魚で、コイ科のガラ・ルファ(通称)という魚らしい。

角質を食べるのは生後2ヶ月から2年半ごろまで。
歯が無いため、肌を傷つける事なくアトピー性皮膚炎などの皮膚病を治療できるとして、ドイツやトルコでは保険適用の医療行為として認められているそうだ。

前置きが長くなったが、とにかくこれ(↓)にチャレンジしてみた。
Drfish

まず想像してほしい。
魚がウヨウヨいる水槽に足を入れる行為を!
そして、その魚はご飯である足を求めて寄ってくるってことを!

非常に恐ろしい光景である。
しかも、いざ足を入れる段階になるまで、この恐怖は訪れない・・・。
そう。
足を入れる直前までは、大したことないと思ってました。
そう。
「やろ~よ!やろ~よ!ψ(`∇´)ψ」っと、フ~サンをそそのかしました。
私の隣では、夫が平気で足を水槽につっこんでいる・・・。
しかも、足には大量の魚が生えている・・・。


うぅ~・・・。
おそるおそる足を入れる・・・。


ひやぁぁぁ~~~~ぁぁぁぁぁ!!!!((゚゚дд゚゚ ))!!!!
あ、あ、あ、足に!
さ、さ、さ、魚が~~~~!!!!

・・・悶絶・・・
・・・絶叫・・・


くくくくく、くすぐった~い~~~~~(´Д`;≡;´Д`)
足の指の間とかをニョロニョロするのが、たまらない・・・・。
ゾワワワワワワワァ~~~~(((゚Д゚)))ガタガタ
くすぐったすぎて、震えがきた。

水槽の中に、成長したオスらしきものが入ってるんだけど、
そいつがっっっっ!
囓るんだよ!o(`ω´*)oキ~っっっ!!
ルール違反だろっっっ!


その後の足?
キレイになっててくれなきゃ困るわっっっ(*`ε´*)ノ

はぁ~。
なんだか、効果以上の疲れがドット押し寄せたのでした。
ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/28

Thailand-パタヤでエンジョイ!

さわでぃ~か~。

パタヤといえばビーチ!
ビーチといえばパタヤ!

さぁ、市内観光だ!



☆☆☆
水上マーケット ☆☆☆

場所は、パタヤ市街から車で15~20分ほど移動したところ。
ガイドブックによると、
2009年にオープンした比較的新しい観光名所で、タイ北部、中部、東北部、南部の文化を水上マーケットの形で展示しており、水上に設けられた通路を巡ることでタイ全土の文化を見学できる。

施設はこんな↓↓
Market1
船上で焼き鳥つくったり、ドリアンをカットして売っている。

Market2
僧侶の超リアルな蝋人形が並ぶゾーンとか、お寺のようなものがあったりして、なかなかおもしろい。
特産品も、乾物や手作りの木製品なんかが並んでいて、お店を1軒づつ見ているとあっという間に時間がたつ。

私はここで、コットンのズボンを購入(こんな↓)
R0012427


☆☆☆ ワット・プラ・ヤイ ☆☆☆
丘の上に立つお寺。
参道を登っていくと、頂上に黄金の大仏が鎮座していて、その周りを仏像が取り囲んでいる。
仏像には曜日の看板がかかっていて、自分が産まれた曜日の守り仏を拝むといいらしい。

Watphrayai1
参道。
5つの頭をもつ蛇(龍?)が、上から下に向かってニョ~ンと伸びている。

Watphrayai2
右端が大仏。左が仏像たち。
前に設置されたテントの下で拝む。
仏像は、座ってたり立ってたり寝てたり、太ってたり痩せてたり、さまざまなスタイルがある。



・・・続きは、また明日・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/27

Thailand-フ~サンの家

さわでぃ~か~
フ~サン(日本人)はパタヤのコンドミニアムに住んでいる。

パタヤは、1960年代にアメリカ軍兵士の保養地として開拓されたリゾートで、
南部には高級ホテルが集まり、北部はネオンが煌めく歓楽街。
フ~サンが暮らすコンドミニアム「North shore」は、パタヤビーチの南側に位置する。
部屋は23階で、ビーチやラン島などが一望できる。

建物入り口にはガードマンが立ち、関係者以外の進入を厳しくチェック。
エントランスの扉は、ドアマンがオープン。
ロビーでは、カワイイ受付嬢が笑顔で挨拶。
噴水、プール、クリーニング付き。
っと、庶民の私には、全てがゴージャスw(゚o゚)w



Beach
部屋には広めのベランダ(庶民的表現?)があり、そこからの眺めは、こんな↑

朝は虹がかかり、夜には夜景も見られる。

部屋は、2ベットルーム、2バスルーム+1LDK。
2人で住むには充分過ぎる広さだ。
家具は備え付けで、ベットはキングとダブルサイズを完備。
ハウスキーパーさんがお掃除もしてくれるとか∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

そして、
私たちがお借りした部屋のバスルームが凄い!

バスルームと部屋の壁がくり抜かれていて、ここからも海が見える!

言い方を変えると、お借りしていた部屋から、トイレもバスも丸見え(/ー\*)
いちおうバスカーテン(フ~サン設置)はあるものの、
完全に部屋を区切るほどの長さはない。

減るもんじゃないので見られても構いませんが(見せられたら迷惑かもしれないが・・・)、
シャワーの水が部屋に飛ぶのが心配で、
なぜかコソコソとシャワーを浴びる小心者な我が夫婦・・・。

それでも、カーテン越しに眺める夜景は、とってもキレイだった!
かなりのセレブ感だ(カーテン越しでも)!
写真を撮るのを忘れちゃったので、お見せできないのが残念。
(もしかしたら、このブログを読んだフ~サンが、写真をメールしてくれるかもしれないので、期待しよう!)

いや~、ホント、セレブ気分満喫だった。
こんな所に住んだら、外に出たくなくなるよねぇ・・・。

・・・明日は、水上マーケット・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/08/26

Thailand-LCCにチャレンジ

さわでぃ~か~♪
8月17日から22日まで、タイに住む友人のところへ行ってきました。

航空会社は「ビジネスエアー」を利用。
いま流行のLCC(格安航空会社、Low-Cost Carrier)ってヤツです。

LCCといえば、機内食・機内サービスは有料、座席もせまい。
な~んて言われてますが、ビジネスエアーは大丈夫(◎´∀`)ノ
枕もブランケットもあります◎
キャビンアテンダントの方々も、とっても優しいし(LCCだからって冷たくされるわけじゃないか・・・sweat02)気持ちいいです。
座席のサイズはフツーで、ちょっと汚いかな(中古の飛行機を、急いで使い回してる感あり)。

新聞、イヤホンでの機内放送、免税品の販売なんかはありません。
申し込めば、i Pad的なタブレットを貸してくれるようで(1000円だったかな?)、その中には雑誌や漫画、ミュージックビデオなんかが入っているそうです。


LCCだからってことじゃないだろうけど、成田でのチェックインと搭乗はかなり楽しかった。

チェックインカウンターは、「特設」的な場所にあって、係の人がいなければたぶん見逃していたでしょう。

そして、搭乗ゲートが凄い。
第2ターミナルはシャトルで移動なんてのもあるけど、
70Mゲートは、シャトルのある階を無視し、エスカレーターでさらに下の階へ↓↓↓
こんなところにゲートあったんだ~!!(゚ロ゚屮)屮
てな場所から、さらにバスで移動・・・。
バスに揺られること4~5分、飛行機は見えてくる・・・。
機内へは、足でステップを登る(゚ー゚;


さて、お待ちかねは機内食。
これまたフツーで、チキンとフィッシュの選択制。

Kinaisyoku

私はチキンのグリーンカレーに。
けっこう辛かったけど、おいしかった(さすがタイ)!

飛行時間は、いちおう6時間弱ですか?
実際には1時間ほど早く着くらしい(タイマジックか?)。


スワンナプーム空港からはバスでパタヤへ移動。
現地在住の友人・フ~サン(日本人)が、空港までお出迎え、チケット予約してくれました。
空港からは1時間半くらいですかね~。

このバス、凄かった。
観光バスサイズだってことを忘れるくらい、めっちゃ飛ばす━━Σ(゚д゚;)━━!!
座席の上でお尻がポンポンと弾み、大人しくするか寝てしまわなければ、たぶん5分で酔う。

・・・・・
無事パタヤ着。
この日の夕飯は、フ~サン(日本人)の手作りタイ料理。
夜明けが楽しみなので、早々に寝ます。


~続きは、あした~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/10

どうする!?

1312939804633.jpg
めめめ、芽sign02

ちょっと熟したゴーヤーを買ったら、真っ赤なドロドロの果肉に包まれた種がでてきた。
来年の夏にグリーンカーテンを作れればいいと思い、袋に入れて保管してたのに…芽がでてきちゃった。

このまま育っちゃっていいのか?
土に埋めた方がいいの?
どうしたらいいんだ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/05

『ぐうたら社会学』

1312525794951.jpg 2011年8月5日、読了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »