« アジアッッッ | トップページ | 奇跡のPlants »

2008/12/21

『ぼくは猟師になった』

20081220book 12月20日、読了です。
今月11日から13日まで東京ビッグサイトで行われた「エコプロダクツ2008」で、偶然この本に出会いました。
著者は千松信也さんという方で、狩猟歴8年目の新米猟師さんです。
この本では、千松さんが猟師になったきっかけや、猟の仕方、ワナの解説、捕らえた獲物のさばき方、調理方法などがカラー写真付きで紹介されています。
率直で飾り気のない素直な文章が、動物と向き合っているときのワクワク・ドキドキしている感じや緊張している様子をじんわりと伝えてくれます。

この本には、ワナに掛かったシカやイノシシにトドメを刺す様子などが、具体的に記されています。
多くの命のおかげで自分が生きているっていうことをちゃんと受け止めていること、獲ったものは最大限おいしく食べ、生きるために必要な分だけ獲るという姿勢、素直に尊敬しちゃいます。

真面目な“生”がちゃんと記録された1冊ですね。

|

« アジアッッッ | トップページ | 奇跡のPlants »

コメント

こんばんは!

知らなかった本です!
面白そうですね!!
ぜひ手に取ってみたいのですが、出版社が分かれば教えていただけませんか?

投稿: 本の虫 | 2008/12/21 20:50

あっ、えっと・・・リトルモア社だったかな?
本日、知人に貸してしまって手元にないんです。
戻り次第、詳細をお伝えしますね!
確か今年の9月頃に初版が出て、わずか3ヵ月で第4刷りにまでなっていたと思います。

せっかく聞いて頂いたのに、正確にお答えできずに申し訳ありません。

投稿: 日向 | 2008/12/21 22:26

ありがとうございます!
早速入手して、早速読了です!
本当に面白い本ですね!
私のページでも紹介してみました。
お時間があればご覧下さい!

http://kawabano-yamadukuri.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-c141.html

投稿: くま | 2008/12/25 14:02

わぁ、読んでくださったんですね!
ありがとうございます。
ブログも拝見しました。
さすがくまさんですね、ちゃんと本の紹介をしてます!
「そうか、そうまとめるのか~」なんて、のんきに勉強させていただきました。

投稿: 日向 | 2008/12/25 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526274/43479218

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくは猟師になった』:

« アジアッッッ | トップページ | 奇跡のPlants »