« 今年最大級 | トップページ | お片づけ »

2008/12/26

『めづめづ和文化研究所 京都』

20081226book 12月26日、読了です。
著者は、小栗佐多里さんとトニー・ラズロさんです。

トニーとさおりさんが、京都の町で日本の伝統的な文化をいろいろ体験します☆
知っていそうで知らなかった和文化を、さおりさんの可愛いイラストでわかりやすく紹介した1冊。

香道、茶道、華道にはじまり、雅楽を奏でたり、枯山水を描いたり、和菓子作ったり・・・。
雅な世界が満載です!

でも、日本の文化があるのは京都だけじゃないですからね☆
ぜひ、他の土地の和文化を紹介した1冊もほしいですね!

そういえば、最後のほうのページにちょこっと登場する「天ぷら料理 松」さん、本当においしいお店です。
行ったことがあるお店が紹介されていたので、嬉しくなりました☆

香道・・・やってみたいなぁ~。

|

« 今年最大級 | トップページ | お片づけ »

コメント

こんばんは!

またまた面白うそうな本ですね!
日向さんはどこで見つけてくるんですか!?
これって『ダーリンは外国人』の著者ですよね?
読まなくては!

投稿: 本の虫 | 2008/12/27 00:03

>本の虫さん
こんばんは☆
そうそう、『ダーリン』の人です!

え~っと・・・本屋さんで見つけます!
本屋さんでは、お馴染みの棚だけじゃなく、いつもはあんまり読まないジャンルの本棚も、意識してフラフラするようにしてます。
そうすると、自分で本を作るときのアイデアポケットも増えますし、お馴染みの著者の知らない本を見つけたりできます。
本屋さんによって、棚の内容も違いますからね☆
そうそう、いろんな本屋さんに行くのもポイントですかね☆

んで、本に呼ばれたときは、迷わず買うようにしてます。
本との出会いも縁ですから☆

投稿: 日向 | 2008/12/27 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526274/43538451

この記事へのトラックバック一覧です: 『めづめづ和文化研究所 京都』:

« 今年最大級 | トップページ | お片づけ »