« 『島抜け』 | トップページ | 『昆虫の世界へようこそ』 »

2008/11/22

『虹色にランドスケープ』

20081122book

2008年11月21日、読了しました。
熊谷達也さんの現代もの(そんなジャンルはないかな?)です。
バイク乗りのお話しです。

|

« 『島抜け』 | トップページ | 『昆虫の世界へようこそ』 »

コメント

こんばんは!
吉村昭に続いて熊谷達也とは渋い路線ですね!
この本は読んだことがありません・・・
お薦めですか?
熊谷達也といえば“森”シリーズがいいですね!
あと、“まほろば”シリーズ!

投稿: 本の虫 | 2008/11/22 21:48

本の虫さん、コメントありがとうございます。
熊谷達也さんの“森”シリーズいいですよね☆
個人的には、マイベスト小説の第1位は、いまだに「まほろばの疾風」ですね!
あれは本当にいい作品です。うん。うん。

今回のは、お進めかと聞かれるとちょっと難しいですねcoldsweats01
好みが分かれるところかと・・・。
登場する何人かの人たちの話が、絡み合いながら進んでいくストーリー展開は、伊坂幸太郎の方が軽快で面白いかもしれません。
ただ、バイク乗りには楽しめる1冊なんではないでしょうか。
残念ながら私はバイクには乗りませんが、ライダーの楽しさや空気感などは少し感じ取れたような気がします。

投稿: 日向日和 | 2008/11/23 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526274/43193402

この記事へのトラックバック一覧です: 『虹色にランドスケープ』:

« 『島抜け』 | トップページ | 『昆虫の世界へようこそ』 »